スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チョコレート | グルメ | Chocolate 2014.07.02 (水)
Domori

P4170002_201405281150473fc.jpg   P4170003_20140528115049c84.jpg

ドモーリ シングル オリジナルシリーズ
品種・産地別チョコレート(6種入) 6枚 (6種類×各1枚/4.7g)
「1994年創業 イタリア トリノにある老舗チョコレート会社『ドモーリ』のチョコレートです。
単一品種のカカオから作られたチョコレート6種。
品種・産地別カカオの個性をお楽しみください。」
との事☆  はい、楽しみます☆

P4170004_2014052811505011b.jpg

・アプリマック(Apurimac) (ペルー産)
 スモーキーなカカオ。苦みが強いけれど、酸味もつよいね。
 大人なチョコだよ。

・アッリーバ(Arriba) (エクアドル産)
 甘みの方が強く感じるよ。酸味の強いカカオだと思うけれど、それと同じぐらい苦みもしっかりしているから、
 後味で酸味を感じる。ミルク感もしっかり感じるカカオ。

・サンビラーノ(Sambirano) (マダガスカル産)
 酸味の強いカカオ。フルーティーだよ。
 甘みもしっかりしているから、おいち。 

・スルー・デル・ラーゴ(Sur del Lago) (ヴェネズエラ産)
 酸味・苦み・渋みのしっかりしたカカオ。酸味がベリー系だね。
 70%にしては甘みが少ないけれど、カカオの香りと味がしっかりしているからおいち。

・テユーナ(Teyuna) (コロンビア産)
 苦みが強いね。後味も苦い。渋さもあるよ。
 力強い感じのカカオだよ。

・モロゴロ(Morogoro) (タンザニア産)
 全体的に優しいよ。苦みも酸味も甘みも、ふわ~って感じ。
 同じ70%なのにこんなに違うんだね。食べ続けられる感じだよ。

D-Fusionシリーズのキャレ6種BOXとペペロンチーノのタブレット
D-Fusionシリーズ6種ボックス 500円(税込)

P4170005.jpg

・赤唐辛子を使った「ペッパー」(Peperoncino)
「ペペロンチーノ/コロンビア産のカカオ“テユーナ”とインド産唐辛子を使用」
スモーキーなカカオに甘みと酸味が入って、最後に唐辛子のピリっとが出てくるの。
 思ったほど唐辛子はきいてないので、風味としておもしろいよ。

・コーヒーフレイバーの「カプチーノ」(Cappuccino)
「カップチーノ/ホワイトチョコレートとコーヒーを使用」
甘いかな~って思ったら、意外と苦かった。でも、チョコは甘いよ。
 カプチーノって感じでおいち。

・ナチュラルなミントを使った「ミント」(Biancomenta)
「ビアンコメンタ/ホワイトチョコレートとエジプト産生ミントを使用したチョコレート。」
ミントのチョコは緑色だった。で、ベースはホワイトチョコで
 とっても、ミントの香りと味が、清涼感たっぷり~。

・プラリネを使った新作「プラリナート」(Pralinato)
「プラリネ/クリオーロ品種チョコレートとヘーゼルナッツの味わい」
 カカオ感の方が強い感じ、プラリネのねっとりした感じがちょっと弱いの。

・人気のミルクチョコレート2種「ラッテサル」(lattesal)
「ラッテサル/塩入りのチョコレート。」
 のどごしが塩感たっぷり。甘いミルクチョコだから最初は塩感がうすかったよ。

・「ジャヴァブロンド(ジャワ島産)」(Javagrey)
「ジャヴァグレー/ジャワ島クリオーロ種カカオ“ジャヴァブロンド”とチロル地方の牛のミルクを使用」
 甘いミルクチョコ、スパイシーな後味が残るよ。


三越イタリア展
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。