スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リラったら・・・
右目の手術しました

病名(?)は「難治性上皮びらん」
名前を聞いたってよく分かんない。
詳しくは→ココをクリックして下さいね。

点眼で治るらしいのですが、
リラは点眼していてもなかなか治らなくって、
点眼だけで治療も考えたのですが、
目の中に傷がある状態なので、「犬は目が痛い」状態
と診断されたので、手術する事にしましまた。

目の手術自体は日帰りで1時間ほどの簡単な手術らしいのですが
全身麻酔が心配で、徹底的に体の検査をして貰いました。

手術当日は朝からご飯はもちろん、水1滴も与えられません。
こんな時、多頭飼いって辛いね・・・、
ん?辛いのは飼い主で無くてもう1匹かな?
気の毒なひまわりは、リラにつき合ってご飯はお昼まで無しでした。
(こっそりとお風呂場でお水とちょこっとオヤツを貰ったけれどね。)

午前10:30に病院へ

午後手術(予定は14:00~)

夕方お迎え

が・・・、
大きな手術の子の時間が長くかかってしまったため
リラの手術開始が予定より大幅に遅れてしまい
夕方病院に電話すると
「今から手術です~」、「19:00にお電話下さい~」との事・・・
あいやいやいや・・・

19:00に電話すると手術は無事終了していて
リラ麻酔のまっただ中
麻酔が切れるまでに時間がかかるので
入院になるかもしれません。と言われ
かび~んな気持ちで20:00に面会と術後説明を受けに病院へ

お医者さんから説明を受けたのが20:30頃
そしたら先生から
「リラちゃん・・・・、驚異的な早さで麻酔が切れましたので
  このまま退院しても大丈夫そうです。」
と言われ、退院することに~

が、スニったら頭の中は「入院・入院・入院」でいっぱいだったので
リードを持参するのを忘れてしまった。
帰りたい一心のリラをリード無しで制御するのは不可能
病院からリードを借りてしまいしまた・・・

とりあえず、退院できてホッとしたのですが
エリカラ生活が大変でした~



ブログが停滞してしまいました。
時事がめちゃくちゃになってしまいましたのでコメント欄をお休みいたします。
ごめんなさい。
目が開けられないリラ・・・

lila

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。