スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チョコレート | グルメ | Chocolate 2008.04.16 (水)
FIJIYA
PETITE FRANCE(プティフランス)フランス

choco トリュフチョコ豆腐

MOF(フランス最高職人) choco
ジャン=マリー・オスモン氏の指導・監修を受けたチョコなんですって~
って、オスモン氏を私は知らない・・・汗
ふ~ん、そうなんだ~って思いながらパックン
あらららら、トリュフだわ~(って書いてあるじゃん)
トリュフの外側にまぶしてあるココアパウダーの苦みと香りがちょっと大人
中のガナッシュもなめらかで美味しいわ~
とパックっとした後同時に買ったもう1つをバックリ~
アマンド アシェー choco
おややややや、アーモンドの香ばしさとぎっしりアーモンドが
おいちぃ~きゃー
いや~んこのシリーズ期待大です~
って事で第2弾の
chocoル・プラリネ(アマンド)をパックリてへっ
食べる前からアーモンドの香りが香ばしさを感じさせる~
フランボワーズソースが中に入っているのだけれど
アーモンドが優っているかな~、そんなに酸味を感じなかったの~
でも、ミルクチョコとアーモンドのプラリネはとってもおいちかった~

ル・プラリネ(ノワゼット) choco
コチラのチョコはビターなチョコ
キャラメリーゼしたヘーゼルナッツの粒々食感が良かった~はぁと
ヘーゼルナッツのプラリネがとっても後味を残してくれたわ~

で、第3弾
トリュフ・ロゼ choco
まん丸トリュフはパッケージを開けた時から苺の香りが漂ってきた~
1口でパックン素材屋405番地・ハート03
かなり甘めのトリュフチョコ、苺ミルクの味が口中に広がって
ちょっと春桜1
中にロイヤルティーヌ(フランス伝統の焼き菓子)が入って
サクサクな食感も楽しめた~
って、私ロイヤルティーヌは知らない・・・
どんなお菓子なんだろう・・・・?

chocoキャラメル・サレ(塩キャラメル)
あら、流行の塩キャラメルね~ハート
薄い板チョコの中に塩キャラメルクリーム
ぱっくりいったら中から塩味がでて来て次にキャラメルの甘味が~
薄いからバクバクいけそうだったけれど
意外に1枚で満足出来るだけのしっかりしたお味でした~ハート

コンフィチュール(苺とパッションフルーツ)choco
こちらも薄い板チョコ
パッションフルーツの酸味ばしっかりしていて
最初食べたらすっぱー、になるけれど
チョコが後から追いついてきてビターチョコの苦みがベストマッチ
苺が感じられなかった~
う~ん、修行不足どよーん

第1弾のアマンドアシェーを食べた時
このシリーズ美味しいかも~って期待しちゃっった。
キャラメルサレが一番美味しかったかな~
第4弾も出て来てくれると嬉しいな~喜
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。